株式会社ジアス|オーダーカーテン インテリアコーディネート

株式会社ジアス
MENU
LIVING ROOM
モダンとクラシシズムが程よくミックスされたリビング。カーテンやクッション、小物には奥様の好きなオレンジ色の濃淡を配し、間接照明、キャンドルやランプとともに柔らかな色彩効果をもたらしている。メザニン形式の2階はBさんの書斎となっている。

オリーブの樹々に包まれたシンプルで快適なネオ・プロヴァンサルスタイルの邸宅

ボケールは、アヴィニョン、マルセイユやアルル等のプロヴァンスの主要都市全てから近い街。夏に開催されるコリーダ(闘牛)フェスティバルが有名で、中心には運河が流れる美しい街だ。
 
夫妻はそんな立地条件に惹かれて5年前にこの庭付き邸宅を購入。彼等で3代目のオーナーとなるそうだ。1970年代に建築されたこの家は、ネオ・プロヴァンサル(新しいプロヴァンス風)と呼ばれる典型的な近代の南フランススタイル。
 
最近隣接する別棟を買い足し増改築した。「内装はシンプルで快適に」、共働きの夫婦らしい機能的なインテリアが中心だが、マリエルさんの趣味で所々にプロヴァンスの伝統ファブリックや陶器がアクセントとして使われており、それらがロマンチックな雰囲気を添えている。
 
庭には34本のオリーブの樹が植えられており、昨年は112リットルのオイルが採油できたという。収穫の際には大ファミリーが集合する大イベントとなるそうだ。

OUTSIDE
街の中心を通る運河の風景。
KITCHEN
オープンスタイルは近年フランスでも人気のタイプ。
RACK
「MOUSTIERS」と呼ばれる南フランス伝統陶器のコレクションが並ぶ。
BED ROOM
忙しい共働きのため「ビヤン・ネトール(快適や寛ぎ、心の癒し)」志向のインテリアを重視するそう。落ち着いた雰囲気のベージュ系のリネンやカーテンをセレクト。
KIDS BED ROOM
孫達の為に最近増改築した別棟の子供部屋。
NETHERLAND
SOUTHERN FRANCE

PAGE TOP