株式会社ジアス|オーダーカーテン インテリアコーディネート

株式会社ジアス
MENU
庭の景色を楽しみながら過ごす事ができるリビングルーム。劇場で実際に使用されていたカラフルな椅子や、旅先で巡り会ったエキゾチックなオブジェが個性を添える。

色彩豊かな手作りカーテンがモダンな空間と溶け合ったオランダならではの空間

長男の誕生をきっかけに庭付き一軒家を探し始め巡り会ったのが、このレンガ造りの瀟洒な邸宅。隣接する2棟を購入し自分たちの好みに合わせて改装を重ねた。Jさんは仕事柄、家具や照明器具のセレクトと配置には格別なこだわりを持つ。また舞台衣装を手掛けていた奥様のSさんは洋裁が得意で、手作りのカーテンを各部屋に合わせてコーディネートしたそうだ。家族に建築家が多い夫妻は、常に新鮮なデコレーションを考えるのが好きと言うインテリア通である。家族の趣味は旅行で、毎年6週間のバカンスをインドやカンボジア、タイ等アジア諸国で過ごし異文化に触れ合う。室内は旅先で出会ったエスニック感覚のエスプリが随所に聞いていて、それらがモダンな空間と溶け合っている。
壁の色やカーテンのセレクトも色彩豊かで、他のヨーロッパ諸国とは一味違うオランダならではの魅力が溢れている室内だ。深い家族のつながりが感じられる家の中には、同じジャンルで活躍してきた夫妻だけに、2人の息がぴったりと合っていて温かい空気が流れている。

レンガ造りの美しい建物は1,920年代に建築された
オランダの長い冬を少しでも快適に過ごすために、竹や常緑樹のシンボルツリーを庭に植え、1年中グリーンを絶やさないようにしている。
STAIRS
黄色と黒のインパクトのある配色でメリハリをつけた廊下と階段。
DINING ROOM
サンルームのように大きく配された天窓からは、冬の寒さ面和らげる日光がたっぷり入る。家族皆が集うお気に入りの空間。システムキッチンやダイニングテーブルは日曜大工も得意とするご主人が作り上げた。幼少時代に息子たちが描いたSさんの絵は、今も大切に壁を飾る。
タイで購入した木の祭壇。家の守り神となっている。
KITCHEN
ブロンズのようなグリーンのセラミック素材がエレガントなキッチンの壁。
BATH ROOM
広々としたメインバスルームは、フローリング床に合わせ小物を配置。船の模型や観葉植物を置いて、「癒し」をテーマに過ごしやすいバスルームを演出。タイルはシックなマーブル柄をセレクトした。
一階のバスルームの一角には、旅先で購入した様々なデザインのフレームに思い出の写真を入れて飾っている。壁は深緑の大理石でゴージャスに。キッチュな装飾品とのコントラストがユニークな空間。
STUDY
奥様の書斎。舞台衣装を手掛けた経験のあるスーザンさんは、ここで洋服や家の中のカーテン、テーブルクロスなども作る。 スーザンさんがコレクションしている世界中の洗濯ばさみの装飾がユニーク。
STUDY
様々な箱を彼女流にリサイクルし、色鮮やかな収納ボックスに変身させた。
BED ROOM
夫婦のベッドルーム。赤のグラデーションが印象的な壁に合わせて、インドで購入した刺繍のベッドカバーをコーディネート。
KIDS ROOM
音楽とスポーツが好きな次男R君の部屋。自作の色鮮やかな壁画ペイントは、今後また新たに描き直す予定だと言う。
KIDS ROOM
ブルーとパープルと言う大人っぽいコントラストがトレンディースポットのようなおしゃれな長男J君の部屋。ボルドー色のカーテンは、シルクタフタを使用したお母様のお手製。
NETHERLAND
NETHERLAND

PAGE TOP