株式会社ジアス|オーダーカーテン インテリアコーディネート

株式会社ジアス
MENU
壁に止まっているかの様に見えるリアルな鳥のオブジェや、切り絵のモチーフが連なるシャンデリアなどの夢のある小物使いがリビングを魅力的に演出。1800年代の骨董家具と、赤のソファーの組み合わせが部屋をとても温かいイメージに見せている。本棚はRさんがデザインしたユニークなフォルム。

グラフィカルなアート感覚が随所に生かされた昔ながらのホーランドハウス

 夫妻の住む館は、モダン建築物が立ち並ぶ近代的な都市景観の中でもひときわ目を引く昔ながらのホーランドハウス。元銀行であったと言うクラシックな外観を持つ建物である。アトリエや自身の経営するお店のスペースがあり庭付きの一軒家であると言う全ての条件を満たしてくれるこの物件に巡り会ったことがきっかけとなり、長年住んだアムステルダムよりロッテルダムに移住した。4フロアからなる館の1階に奥様がセレクトするインテリア小物ショップがあり、2階と3階が夫妻の住居スペースとなっている。室内は、グラフィック後に携わるRさんの独自の視点によって巧みに計算された色使いと、空間と言う作品の中に絶妙な感覚でレイアウトされた夢のあるオブジェの数々に目を奪われる。仕事柄、自然と部屋の隅々まで色のバランスや配置を計算してしまう。と語るVさん。グラフィカルなアート感覚が随所に生かされた明るい室内に、思わず童心に返ってしまうようなアイディアが沢山満載されていて微笑ましい。年齢やスタイルにとらわれない自由な遊び心と夫婦の知性がバランスよく調和しているインテリア風景である。

お伽の国のような、9建築物が並ぶ美しい景観。
奥様が経営するショップが建物1階にある
店内には子供の玩具や手作りのぬいぐるみ、カード類などたくさんの夢のある小物が並び、いつも買い物客で賑わう。
STAIRS
階段は気の持つぬくもりを大切にしながら、ピスタチオグリーンやオレンジピンクの鮮やかなペイントで個性を添えた。
STUDY
旦那様の書斎
KITCHEN
ピンクの時計やポップな小物がアクセントになったキッチン。モザイクタイルはイタリア製のもの。
BATH ROOM
手作りのモザイク壁が必見のシャワースペース。カーテンも壁も白なので、モザイクタイルやマットにカラフルな色を効果的に配した。
DINING ROOM
リビングから続くダイニングスペース。テーブルや椅子はGISPENというオランダのデザイン家具。ダイニングテーブルと窓のフレームは装飾のない素朴な木材を選び心地良い空間を形成。
リビングのディスプレイスペース。テーブルはオランダ製のantique。さりげないブーケやご主人のコレクションする年代物の書籍の飾り方もおしゃれ。
BED ROOM
ベッドルームのリネンやカーテンはナチュラルな素材感を重視し、窓からたっぷり入る自然光に似合うカラフルな色を選んでいる。
NETHERLAND
NETHERLAND

PAGE TOP