株式会社ジアス|オーダーカーテン インテリアコーディネート

株式会社ジアス
MENU
115153
LIVING ROOM
エスニックとモダンが交錯するリビング。真っ白な壁と赤茶色の床、そのシンプルなコントラストはモダンアートやアフリカのオブジェを美しく引き立ててくれる。ご主人のお父様も現代アートを代表するアーティスト作家で、その作品もアパルトマンの要所に飾られているとか。

パリの景色を最上階から見渡すファッショナブルな住まい

パリ市2区チュイルリー公園界隈は、パリコレ会場が近いこともあり、世界中からジャーナリストやファッション関係者が集まるエリアである。夫妻が住むのは、有名セレクトショップ「コレット」や、芸能関係者に好まれるデザインホテル「コスト」が建ち並ぶサントノーレ通り付近のアパルトマン。最上階の屋根裏スペースとその階下のスペースから成る2フロア構成になっている。『15年間このアパルトマンに住んでいます。3年前に最上階が売りに出されたのを機に、このアパルトマン内から上階へ引っ越しをしました。天窓から降り注ぐ自然光が似合うリビングを真っ先にイメージしました』と語るマダム。リビングには数々のアート作品が計算されたかの様に美しく配置され、インテリアの主役になっている。真っ白なペイントの壁と濃厚な赤茶色の床は、それらを最も美しく見せるためのバランスを考慮したそうだ。
 快活に話すマダムの様にインテリアのコンセプトもシンプルで明快だ。マダムはとてもエレガントな雰囲気を持つ女性。ご主人のドレッシングルームには、実に数十足異常の靴のコレクションが並ぶという。パリ市2区がお似合いのファッショナブルな夫婦だ。

BED ROOM
深いボルドーのリネン、椅子の色使い、モダンな絵画が効果的に配されている。
KIDS ROOM
乗馬が好きな2人のお子さんの部屋。ポップな色合いがたくさん使われている。
KITCHEN
白×メタリックシルバーのシステムキッチン。奥の壁に一点飾られたオリエンタルムードの作品がシンプルな空間に映える。
BATH ROOM
シンプルなカラーリングのバスルーム
無彩色の壁と存在感のある金属の階段。コンテンポラリー・アートが並ぶエントランスはまるでアートギャラリーのよう。
「C.L.邸」
1999年に設立された近現代アート・フェア「ARTPARIS」は、2006年以来グラン・パレ(パリ8区に位置する大規模な展覧会場)で年に一度開催される国際的にも知名度が高いイベントである。マダムはその代表を務め、外科医のご主人、乗馬をたしなむ娘さん2人とパリ市2区に住んでいる。
地域別
FRANCE
FRANCE

PAGE TOP