株式会社ジアス|オーダーカーテン インテリアコーディネート

株式会社ジアス
MENU
83153
家族の集うリビング。品の良いヨーロピアン・テイストの家具の数々は、結婚した当時に購入。部屋に華やかさをもたらすため、窓にはドレープの美しいスワッグバランスをコーディネイト。ピアノとギターの演奏を家族全員で楽しむ。

アメリカ特有の機能を重視したスタイルとヨーロピアン・テイストが調和する邸宅

カリフォルニア州の中央海岸に位置するモントレイと言う海辺の街での生活を経て、18年前にフレズノに移住。治安が良く、近辺に大規模なショッピングモールの開発が進行中であるこの地に将来性を見いだし、庭付きの一軒家を購入した。インテリアの主導権を握るのはFBIに務める奥様。日曜大工が大好きで、室内のペイントから改装まで、実に多くの作業を多忙な仕事の合間にこなす。『仕事で関わる出来事を忘れて室内装飾に没頭するのは、とてもいいストレス発散方法なのです。』と語る。最近では大きくなった2人の息子さんも進んで手伝う様になり、一家で日曜大工を楽しむそうだ。連邦捜査局のエリート役職をこなすキャリアウーマンの彼女は、無駄のない快適な空間が好み。しかしシンプルな中に少し見え隠れするフェミニンなヨーロピアン・テイストはパリ生まれの奥様のセンスならでは。そんな欧米のミックス感覚がこの家の特徴となっている。

建物エントランス。
DINING ROOM
やさしいカラーリングのダイニングルーム。
TV ROOM
ゆったりしたテレビルームには日曜大工が得意な奥様が最近塗り直した暖炉が。
ガレージには日曜大工の道具が沢山置かれている。
TERRACE
テラスには透け感のあるカーテンを配して直射日光を防ぐ工夫がされている。
BATH ROOM
息子達専用のバスルーム。
KITCHEN
機能とデザインが両立しているキッチンは昨年改装したばかり。 オレンジ色の大理石を貼った一枚板が調理台に使用されている。
BED ROOM
次男の部屋。子供の時に奥様がペイントした絵がまだ残っている可愛い部屋。
BED ROOM
フランス人の奥様らしく壁紙やカーテンをヨーロピアン・テイストでまとめたベッドルーム。
BED ROOM
長男の部屋。
「D邸」
ご主人はテキサス生まれ。地元の高校でフランス史を専門とする教師を務める。奥様はパリ生まれのフランス人。20年前にFBIに入り現在は責任のある役職に就く。二人は大学で知り合い結婚。現在は長男・次男と家族四人暮らし。一家は音楽が大好きでピアノやギター等楽器の演奏も得意だそう。週末は山の麓にあるセカンドハウスで乗馬を楽しむ活動的なファミリーである。
地域別
USA
BELGIUM

PAGE TOP