株式会社ジアス|オーダーカーテン インテリアコーディネート

株式会社ジアス
MENU
OUR QUALITY私たちが保証する品質 - 生産システム
  • 全国のショールーム一覧
  • お近くのショールームを検索
  • ショールームのご予約

ジアスのカーテンができるまで

織物工場

私たちの暮らしの中で一番身近な風景であるインテリア。そのインテリアの印象を大きく変えるカーテンだからこそ、自慢の一枚を自信を持ってお客様に提供していきたい。そんな思いを込めてジアスでは生地開発から縫製まで取組んでいます。ここではカーテンの完成までの流れと、製造・縫製のこだわりをご紹介致します。
01

整経 - 糸を準備する。

織物の規格に合わせて縦糸本数を揃え、ビームと呼ばれるロールに糸を傷つけないよう巻き付けます。この時、製織で糸が切れてしまわないよう全ての糸は同じテンションで巻かれます。先染めの場合は、この段階で糸を染色します。
01

整経 - 糸を準備する。

織物の規格に合わせて縦糸本数を揃え、ビームと呼ばれるロールに糸を傷つけないよう巻き付けます。この時、製織で糸が切れてしまわないよう全ての糸は同じテンションで巻かれます。先染めの場合は、この段階で糸を染色します。
02

製織 - 布を織る。

整経した糸をセットし、「開口」「横入れ」「オサ打ち」と言う動作を繰り返し布を織ります。
織り機や織り方には平織りやジャガード織等の多くの種類があり、職人達は織り機の癖、針や糸の状態などを見極め、常に高い品質を出せるようにしています。
02

製織 - 布を織る。

整経した糸をセットし、「開口」「横入れ」「オサ打ち」と言う動作を繰り返し布を織ります。
織り機や織り方には平織りやジャガード織等の多くの種類があり、職人達は織り機の癖、針や糸の状態などを見極め、常に高い品質を出せるようにしています。
03

染色 - 染や加工を施し、洗浄する。

布が織り上がってから染める後染めの場合、この段階で専用の機械で布を染色、洗浄します。布の素材や種類によって染め方や温度、時間などが違うため細心の注意を払います。防炎等の薬品を使った加工もこの段階で行われます。
03

染色 - 染や加工を施し、洗浄する。

布が織り上がってから染める後染めの場合、この段階で専用の機械で布を染色、洗浄します。布の素材や種類によって染め方や温度、時間などが違うため細心の注意を払います。防炎等の薬品を使った加工もこの段階で行われます。
04

整理 - 生地を仕上げ、検品する。

テンターと呼ばれる機械で生地巾を合せ、熱とローラーでしわなどを取り、出荷できる状態にします。
生地が仕上がったらズレや疵(キズ)などがないか細部まで検査します。検査後、生地は縫製工場に運ばれていきます。
04

整理 - 生地を仕上げ、検品する。

テンターと呼ばれる機械で生地巾を合せ、熱とローラーでしわなどを取り、出荷できる状態にします。
生地が仕上がったらズレや疵(キズ)などがないか細部まで検査します。検査後、生地は縫製工場に運ばれていきます。

縫製工場

ジアスの縫製工場(本社工場・第二工場)では、ISO 9001 : 2008を取得しており、確立された品質管理体制の元でオーダーカーテンの縫製を行っております。

縫製工場

ジアスの縫製工場(本社工場・第二工場)では、ISO 9001 : 2008を取得しており、確立された品質管理体制の元でオーダーカーテンの縫製を行っております。

05

裁断 - カーテンの生地をカットする。

カーテンが完成したときにサイズや生地の柄が最も美しく出るよう、裁断士が生地の特徴や目曲がりを見極めて一枚一枚正確にカットしていきます。
06

縫い - 幅縫い、縁縫いをする。

幅縫いはカットされた生地をツレや柄ずれが起きないよう、生地と生地を丁寧に縫い合わせていきます。次に生地を折り返し、決められた幅でその生地に最も適した糸を使い、ズレがないように神経を使いながら生地の脇と裾を縫っていきます。
06

縫い - 幅縫い、縁縫いをする。

幅縫いはカットされた生地をツレや柄ずれが起きないよう、生地と生地を丁寧に縫い合わせていきます。次に生地を折り返し、決められた幅でその生地に最も適した糸を使い、ズレがないように神経を使いながら生地の脇と裾を縫っていきます。
07

採寸 - 丈合わせをする。

正確に丈合わせするため、一度カーテンを吊り、生地の裁断面にブレが生じないよう専用の裁断機によってカットします。
08

ヒダ - 芯地を縫い、ヒダをつまむ。

カーテンが完成したときヒダや形を美しくするための芯地をカーテン上部に縫い付け、お客様のご要望や生地の種類により、山ヒダの位置や山の数などを細かく決め、ヒダをつまみます。
08

ヒダ - 芯地を縫い、ヒダをつまむ。

カーテンが完成したときヒダや形を美しくするための芯地をカーテン上部に縫い付け、お客様のご要望や生地の種類により、山ヒダの位置や山の数などを細かく決め、ヒダをつまみます。
09

加工 - 形態安定加工をかける。

より美しいウェーブを楽しんで頂くため『形態安定加工』を施します。加工を施したカーテンは、カーテンレールにかけるだけで美しいウェーブが生まれます。
10

裁断 - カーテンの生地をカットする。

お客様の元へ最高の状態でお届けするため、糸屑の付着や静電気を防ぐクリーンルーム内での検品・梱包を行っています。梱包作業では、カーテンを畳む時などにシワが出来ないよう、2人掛りで作業しています。
10

裁断 - カーテンの生地をカットする。

お客様の元へ最高の状態でお届けするため、糸屑の付着や静電気を防ぐクリーンルーム内での検品・梱包を行っています。梱包作業では、カーテンを畳む時などにシワが出来ないよう、2人掛りで作業しています。

縫製工場 360°ツアー

縫製工場の360°ツアーをご覧いただけます。

縫製工場 360°ツアー

縫製工場の360°ツアーをご覧いただけます。
360° TOUR

PAGE TOP