JIASTEXcross撮影レポート Vol.2

リヨン駅からアヴィニョンへの景色
名称未設定 1

アヴィニョンの語る上で外せない事

・有名な民謡「アヴィニョンの橋で」
19世紀にオペレッタで「アヴィニョンの橋の上で輪になって踊ろう」と歌われて、世界中で有名になった。歌に出てくる橋は、アヴィニョンを流れるローヌ川に掛かるサン・ベネ橋で、中世の石造りで現在は世界遺産になっている。度重なるローヌ川の氾濫で、現在は橋の中間で寸断されているが、必見の場所。

・マルセイユ石鹸
100%オリーブオイルを原料に、海草から採ったアルカリ成分と地中海の塩分から作られる伝統的なマルセイユ石鹸は、洗浄力に優れ肌に優しいボディ・洗顔石鹸。起源は古く14世紀に遡る。「暑さにより石鹸の密度が損なわれる6,7,8月の石鹸製造を禁止する。」「5月1日以前はオリーブの実が未熟すぎるため、最終搾りのオリーブ油を使用する。」「原料油脂は、オリーブオイル以外の使用を禁止する。違反者には石鹸を没収する罰則を課す。」など厳しい王令を発布。これらの決まりを守り続けているのが、マルセイユ石鹸である。パリ・オペラ座のバレリーナで、洗顔やボディスーツの洗濯までこの石鹸一個で行う人もいるとか。

・カマルグの塩
南フランス、ローヌ川河口と地中海の間にあるカマルグ。淡水と海水が交じり合う地中海に面する湿地帯では、多様な動植物が生息し、豊かな自然がそのまま残っている。この自然の中にある塩田で、海、太陽、強い地方風(ミストラル)から生まれるカマルグの塩は、白くまろやかな味で、地中海料理には欠かせない調味料である。

撮影風景
名称未設定 2
撮影のために特別に作った什器。2人がかりで支えながら、丁寧にセッティングしていきます。柄の見え方をチェックするのはジアスの社長とデザイナー。光の具合、生地のすけ感、動き…常にベストを模索していきます。紙面イメージを元に、セッティングしては修正しての繰り返し。撮影を終えた後は近所のレストランへ。テラスでアヴィニョンの夜を満喫しました。