ダイニングの顔であるダイニングテーブルと椅子。
家族が揃って食事をする空間だけに、座り心地だけではなくデザインにもこだわりたいものです。

Point1
・円形は大人数で囲めるスペースも必要
ダイニングの印象を決める天板のデザインは、テーブル選びで最初に検討したいポイントです。長方形は円形よりも省スペースで、壁に密着して置けるのが利点です。円形は多くの人数で囲め、席のレイアウトがしやすいので来客の多い家に向いています。形だけではなく、脚の取り付け位置やデザインも重要で、席に着いた時の足の伸ばしやすさや見た目の広がり感もチェックしましょう。

Point2
・天板と椅子の座面との差は27〜30cm
テーブルと椅子を別々に購入することき、テーブルと椅子のサイズバランスに注意しましょう。椅子に対してテーブルが高すぎたり、低すぎたりすると姿勢も悪くなり、座り心地のよい椅子を選んでも意味がありません。目安は椅子の座面からテーブルの天板までの間が27〜30cm程度です。腰を下ろした状態で体の脇に軽く肘をつけてテーブルに手をのせたときに肘から先、手首までが水平になるのが最適です。

Point3
・座って動いて確かめる
ダイニングチェアは食事のたびに動かすので、重さや動かしやすさ、テーブルへのおさまり具合が大切なポイントです。実際に立ったり座ったりして確認するとともに、席についた状態で足が床につくか、膝下に圧迫感がないか、上半身の動作はスムーズがどうかを確かめましょう。ゆったり座れる座面の広さは幅、奥行きともに42cm以上ですが、奥行きが深すぎると前かがみになるので注意ましょう。

Point4
・くつろぎ兼用ならクッションのあるものを
食卓でくつろぐ時間が長いなら、座面はクッション性のあるものがおすすめです。カバーリングタイプならメンテナンスも楽で、季節によってイメージチェンジもできます。

豆知識ダイニング

新居のインテリアにはとことんこだわりたい!お部屋のイメージを一新させたい!
でも、どうコーディネートしていけばいいのかわからない。
そんな時に役立つインテリアの豆知識をお話しします!

第1回はソファ。ソファはくつろぎのメイン家具だけにしっかりと吟味したいものです。
リビングテーブルとのバランスも大事なポイントです・

Point1
・ソファはとりあえず買うと失敗する家具No.1!
リビングの主役と言っていいほど多くの家庭でソファは見られますが、本当にソファは必要なのか検討してみましょう。ライフスタイルによっては座イスなどのほうが使い易く、ソファは必要ない場合もあります。とりあえずソファを選ぶのではなく、生活や間取りを考えた上で幅広い選択肢から家具を検討することが大切です。

Point2
・座り心地はクッションの固さと奥行きがカギ
ソファといっても、1人掛け、2人掛け、3人掛け、コーナーソファ、アームの有無など様々なタイプがあります。どれをどこに、どのように置くかを決め、それに合った形やサイズを選ぶのが基本です。ある程度長時間のくつろぎを重視するなら柔らかすぎず、体をしっかりと支える適度な固さのあるクッションが最適です。また奥行きが浅いと背もたれが直角になりくつろぎにくいので、その点も考慮する必要があります。

Point3
・シートハイとシート幅の確認を
シートのサイズのチェックも重要です。たとえばアームソファは外寸よりもシート幅が狭くなるので、思ったより窮屈に感じることがあります。また床から座面までの高さ(シートハイ)は38〜42cmくらいが普通で、高すぎると腰や膝の下が圧迫されて座り心地に影響するので、実際に腰掛けて体に合ったものを選びましょう。リビングテーブルより少し低めが楽にくつろげます。

豆知識ソファ

メーカーなどによりサイズや形状は様々ありますので、体形、体格に適しているか、部屋の広さや間取りに合っているか検討し、選びましょう。

発売したばかり『Eco de Happiness』の生地をいち早くご紹介します!

JE9060-9062
press5.indd
細かくステッチしたようなチョークストライプ柄。
ベースを緻密なツイル組織でかっちりつくり込みました。シンプルだけど、ナチュラルな糸の表情があたたかみのある窓辺を飾ってくれます。
ベージュ・グリーン・オレンジの3配色展開。

発売したばかり『Eco de Happiness』の生地をいち早くご紹介します!

JE9058-9059
press5.indd
シンプルになりがちなウィンドーペウイン柄にタテ×ヨコのアクセントカラーをあしらいました。
ピンク系とオレンジ系の2配色でどちらもエッジが効いています。麻調のベースでナチュラル感を持たせつつも、モダンな雰囲気を演出します。