色はインテリアの中でもっとも大きな印象を与える要素のひとつです。インテリアの色はファッションや小物と違い、大きな面積を占めるものが多いというのがその理由です。
また、生活をする為の道具には全て色があり、それらを無意識に選んでしまうと色が氾濫してしまうことがあります。例えばシンプルなインテリアを完成させるには色使いがとても重要です。

Point1
・色の三原色と色相環
色には明るいものから暗いものまで様々ありますが、その大もととなるのが、赤、黄、青の三色です。この三原色を混ぜることによって色が生まれます。そのメインとなる色(純色)を似た色の順に並べてリング状の図にしたものが色相環です。色相環を見ると色と色の関係がわかりやすく、これをもとに色を整理するとカラーコーディネートしやすくなります。

Point2
・色には無彩色と有彩色がある
色は無彩色と有彩色の2種類から成り立っています。無彩色とは白・黒・灰色のことで、色味を感じられない色を指し、それ以外の色味がある色すべてが有彩色になります。色の世界を立体で表現すると、無彩色を軸に有彩色があらゆる方向に広がっています。カラフルな色に気を取られがちですが、色味のない色が軸になっていることを知りましょう。
また同じ色でも明るさや鮮やかさによって幅があります。これは明度と彩度の違いによるものです。色の明るさを明度といい、白に近づくほど高く、黒に近づくほど低いと表現します。彩度は色の鮮やかさや強弱を表す度合いをいい、彩度の高い色は澄んで派手に見え、低い色は濁って地味に見えます。そして、明度と彩度の組み合わせによってトーンが表現されます。トーンとは色の調子のことで、同じ色でもダークな赤、ライトな赤、などとニュアンスが違ってきます。
明度や彩度、トーンの微妙な違いがインテリアの印象を左右する大きなポイントとなります。

豆知識色