Point3
・同じ色でも配色でイメージが変わる
インテリアは様々な要素で成り立っているため、単独ではなく必ず別の色と隣り合っています。例えばオレンジ色の隣にある赤より白の隣にある赤の方が鮮やかに見えます。様々な色同士の組合せやバランスによって印象が変わってくるので、ひとつの色だけに注目するのでは意味がありません。配色の基本テクニックを知ることで、カラーコーディネートの幅が広がります。

○同系色
同じ色相の明度や彩度の違う色を組み合わせる方法です。同系色の組合せは、他の色みが入らないのでまとめやすく、オーソドックスな雰囲気のある組合せです。逆に言えば、個性が発揮しにくかったり、おとなしすぎたりという面もあります。

○類似色
似た色相の色を組み合わせる方法です。似た色とは色相環で隣の隣くらいまでの色を言います。色の性質が似ているので色同士がぶつかることはなく無難にまとまる配色ですが、2色を同じくらいの配分にするとメリハリのない印象になるので、バランスが重要となります。

○反対色
色相環で向かい合っている色が反対色で、色彩学では補色とも呼びます。反対色同士は、色の性質も対照的でお互いが相手を引き立てる配色ですが、2色とも鮮やかだと刺激的になりすぎる組合せです。どちらか一方をベースにして、もう一方をアクセントとして使うのがコツです。

○同一トーン
純色の派手なトーンは生き生きと、淡いトーンは優しい、暗いトーンは落ち着いて、というにトーンにはそれぞれイメージがあります。色相が違ってもトーンが同じならイメージも同じなので、同一トーンはまとめやすい配色と言えます。

豆知識色3

色はインテリアの中でもっとも大きな印象を与える要素のひとつです。インテリアの色はファッションや小物と違い、大きな面積を占めるものが多いというのがその理由です。
また、生活をする為の道具には全て色があり、それらを無意識に選んでしまうと色が氾濫してしまうことがあります。例えばシンプルなインテリアを完成させるには色使いがとても重要です。

Point1
・色の三原色と色相環
色には明るいものから暗いものまで様々ありますが、その大もととなるのが、赤、黄、青の三色です。この三原色を混ぜることによって色が生まれます。そのメインとなる色(純色)を似た色の順に並べてリング状の図にしたものが色相環です。色相環を見ると色と色の関係がわかりやすく、これをもとに色を整理するとカラーコーディネートしやすくなります。

Point2
・色には無彩色と有彩色がある
色は無彩色と有彩色の2種類から成り立っています。無彩色とは白・黒・灰色のことで、色味を感じられない色を指し、それ以外の色味がある色すべてが有彩色になります。色の世界を立体で表現すると、無彩色を軸に有彩色があらゆる方向に広がっています。カラフルな色に気を取られがちですが、色味のない色が軸になっていることを知りましょう。
また同じ色でも明るさや鮮やかさによって幅があります。これは明度と彩度の違いによるものです。色の明るさを明度といい、白に近づくほど高く、黒に近づくほど低いと表現します。彩度は色の鮮やかさや強弱を表す度合いをいい、彩度の高い色は澄んで派手に見え、低い色は濁って地味に見えます。そして、明度と彩度の組み合わせによってトーンが表現されます。トーンとは色の調子のことで、同じ色でもダークな赤、ライトな赤、などとニュアンスが違ってきます。
明度や彩度、トーンの微妙な違いがインテリアの印象を左右する大きなポイントとなります。

豆知識色

住空間に欠かせない要素である窓。
その役割を理解することが、インテリアコーディネーションの成功の秘訣です。

Point1
・窓の役割
窓は私たちの暮らしに、明るさや暖かい陽の光をもたらします。新鮮な空気や風を呼び込み、室内のよどみを排出します。また、景色を採り入れ、外の世界とつなぐという大切な役割を持っています。いわば窓は外に向けての住まいの顔であり、目なのです。室内に置いては人の目線の位置にあり、大きな面積を占めることが多いので、インテリアで一番目立つ場所でもあります。ですから、それを上手にあしらうことがインテリアコーディネーションの成功の秘訣なのです。

Point2
・窓の種類
窓の美しさは、形や大きさ、窓の位置、窓枠や窓格子、光を透かすガラスの色などの要素によって決まります。その窓をどう生かすかはウインドウトリートメント次第です。ウインドウトリートメントの目的や必要性な性能は、住む人ごと、部屋ごとに異なるはずであり、窓によっては構造上の問題から希望していたカーテンなどを付けられないこともあります。したがって、まずは窓の種類を把握しておくことが基本です。さらに、その窓の使用目的と使用頻度、建物の中の部屋の位置、窓の向き、道路や隣接する建物との関係などの条件も頭に入れておきましょう。また、網戸やシャッター、雨戸格子の有無を確認することも重要です。

press5.indd

ただ明るいだけでは照明は光る道具にすぎません。
光をセーブし心惹かれる影を作り出すことが、インテリア照明のポイントです。

Point1
・主照明に補助照明をプラス
暗い場所を明るくするのが照明の第一の目的です。住まいには過不足のない照明器具が設置されていなければなりません。しかし、明るいだけでは単なる道具です。インテリアを美しく彩り、心地よい雰囲気を作るのが重要な目的となります。照明プランは、ただたくさんの明かりを集めればよいというだけでなく、主照明と補助照明とを組み合わせるのがルールです。ダウンライト、シーリングライト、ペンダントライトといった主照明は、全体を明るくする照明と言うより、むしろインテリアのメインになる明かりととらえるべきです。主照明は天井の中心という考え方ではなく、どこにメインの明かりを設置するかを考えることが照明プランにとって重要なことになります。

Point2
・多彩な明かりがある補助照明
補助照明は明るさを補いつつ、部屋やコーナーの雰囲気を高めるためのもので、要所要所にスタンドやブラケット、スポットライトの形で使います。補助照明は配置が重要なポイントになります。同じような高さではメリハリがなく効果的ではありません。シーリングライトは上、ペンダントは中間、床置きの明かりは下、といった考え方で上中下に分けて使うのが基本です。さらにそれらが三角形を形作るような配置が理想的です。異なる高さと異なる方向からの明かりのミックスが、インテリアを彩りあるものにしてくれます。

豆知識照明